おおさとロゴ

あいさつ

 

校長 小林 正美 

 

本校は、昭和22年に大宮市立第五中学校として開校以来、69年の歴史を重ねてきた伝統ある学校です。この間、昭和24年には大宮市立大砂土中学校として独立開校、平成13年には浦和・大宮・与野の3市合併に伴って校名をさいたま市立大砂土中学校と改称しております。

本校は、教育目標に「自ら学び 考え 行動する生徒の育成」を掲げ、教職員が一丸となって教育活動に当たっております。また、本校は、「めざす学校像」「めざす生徒像」を次のように設定し、その実現に努めております。

 
    「子どもたちの未来のための PLAN THE NEXT 3つのGで日本一の教育都市へ」
     Grit  「やり抜く力で真の学力を育成すること」
     Growth 「一人ひとりの成長を支え、生涯学び続ける力を育成すること」
     Global 「国際社会で活躍できる人材を育成すること」

めざす学校像

○学ぶ喜び、教える喜びを感じる
        「真の学び舎としての学校」 

○明るい笑顔とあいさつがあふれ、生徒が生き生きと活動する
        「元気な学校」

○家庭・地域と共に溌剌と活動する
        「活力あふれる学校」

 

めざす生徒像

 (知)かしこさ  自ら学び、進んで考える生徒
 (徳)ただしさ  正しく判断し、進んで行動する生徒
 (体)たくましさ ねばり強く、進んで鍛える生徒

 (コ)ゆたかさ
  思いやりをもち、進んで奉仕する生徒
                  ※コ・・・コミュニケーション

さらに、本校は、「溌剌(はつらつ)と」を校訓としています。生徒は、この校訓のとおり、学校行事や部活動等をはじめとした全ての活動に、生き生きと取り組んでおります。

保護者、地域の皆様には、本校教育活動への御理解と御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。